白ニキビ、背中ニキビにお悩みの方へ。おすすめのニキビケア方法

menu

ニキビケア

ニキビケアについて

いきなりですがニキビ跡で悩んでいたりしませんか?

ニキビはどなたにも起こる肌トラブルです。 特に若い頃は、誰でも一度くらいは悩まされたと思います。

でもしっかりと対策をしないと、ニキビ跡が残ってしまったりと肌トラブルの原因になるのです。 そこで今回は、



ニキビケアとしてやってはいけないのはニキビを潰すことですね。

チェックしたいからといって潰してしまうこともあります。爪でニキビを潰すと肌をとても傷つけてしまいます。ニキビ跡ができる原因になります。さらには潰したニキビに雑菌が入ってしまい炎症を起こす可能性が強くなります。

しかしながら無意識のうちにニキビを潰してしまうことがありますね。

爪や指は色々な所を触るため、雑菌がつきやすい部分になります。ニキビに触れてしまうと雑菌がつき、炎症を起こしてしまいます。例え無意識のうちに潰してしまっても、ニキビにかなりの雑菌がついてしまいます。

手は清潔に保たなければなりません。手を洗う際には、爪の間もきちんと洗って汚れを落としましょう。

おしゃれとして爪を伸ばすと考える方も多いようですが、爪を伸ばせば伸ばすほど、爪の間の汚れは取りづらくなります。雑菌がいっぱいついた爪でニキビを潰してしまうとニキビが悪化してしまうことは間違いございません。

ニキビがチェックしたいようであれば、爪は短くした方がよいですね。

また長い爪の欠点として、ニキビだけでなく肌も傷つけてしまう所にありますね。おもしろいのを列挙しときます。

肌が傷ついても雑菌は繁殖してしまいます。ニキビのできやすい環境を作ってしまうのです。

髪をかき上げる際に肌を引っかいてしまうなど、何気ない行動の中で肌を傷つけてしまいます。特に長い爪にはあまりグッドな点がございません。ニキビケアとして爪は短く、手は清潔に保つことが必要ですね。



↑■トップに戻る↑■

さらに記事を表示する
関連サイト